【鎌倉観光情報】7月のおすすめルート

鎌倉にはものすごい観光スポットがあります。

1度の観光では回りきれないので、カマクラジオではその時期にあった観光おすすめルートを紹介させていただきます。

7月のおすすめルート

山と歴史探訪がテーマです

1. 鎌倉駅 スタート

JR鎌倉駅西口、もしくは江ノ電鎌倉駅スタートです。

集合する場合は、西口改札出てすぐ右に鎌倉駅旧駅舎時計台があり、小さな広場になっていますのでゆっくりできます。

2. 寿福寺

鎌倉五山の第三位。

このあたりは源頼朝の父、義朝の屋敷があったところと言われています。

1200年(正治2年)に北条政子が頼朝の遺志を継いで明菴栄西を招いてここに寺を建て始めました。

三代将軍実朝もしばしば訪れ、やがて十数か所の塔頭がある大きな寺になりました。

境内は国史跡となっています。

3. 亀ヶ谷切通し

鎌倉七切通しの一つで、源頼朝が初めて来た頃は、北から鎌倉へ入る道は此処だけでした。

今でも急な坂道ですが、昔はもっと急な坂だったようです。

「建長寺にいた亀がこの坂を上ったものの、頂上まで行くことが出来ずに引き返した」という伝説があり、それから亀返り坂(かめかえりさか)と呼ばれるようになり、それがいつからか亀谷坂と呼ばれるようになったと伝えられています。

4. 建長寺

鎌倉五山の第一位で、北条時頼が1253年(建長5)に宋から高僧蘭渓道隆を招いて創建。

総門・三門・仏殿・法堂などの主要な建物が中軸上に並ぶ大陸的な伽藍配置を残している。

仏殿の前にある樹齢約730年のビャクシンの古木が寺の歴史を感じさせる。

一番奥にある半僧坊からは天園ハイキングコースへ通じる。

本尊は木造地像菩薩坐像。塔頭10。鎌倉三十三観音第27・28・29番、鎌倉二十四地蔵第9・10・11番。

5. 天園ハイキングコース

天園ハイキングコースは鎌倉アルプスを歩く鎌倉で最も長いコース。

メインルートは建長寺から瑞泉寺に続く尾根道だが、登り口はいくつもあるので時間や体力に合わせてルートを選択できる。天園は六国峠ともいわれ、ここから鎌倉の町並みと海を見渡す眺望は素晴らしい。

6. 覚園寺

文永・弘安の役の戦死者を慰霊するため、北条時宗が無学祖元(仏光国師)を招いて1282年(弘安5)に創建。

門に至る杉木立の階段が印象的。鎌倉五山第二位。臨済宗円覚寺派大本山。

本尊は木造釈迦如来坐像。塔頭16。

7. 鎌倉宮

1869年(明治2)に明治天皇の勅命により創建、祭神は大塔宮護良親王。

境内には、足利氏により親王が幽閉された土牢や宝物殿、神苑(1994年に完成)がある。また、摂社村上社前には親王の身代わりとなった村上彦四郎義光の木像があり「身代りさま」と呼ばれ親しまれている。

神苑には紅白一対のシダレウメやツツジ・シャクナゲ・ミツマタ・ショウブ・藤棚など草木も多く自然にあふれている。四季折々に多くの花が咲き、メジロやウグイスが飛来する。

8. 金沢街道

金沢街道は、古くは〝塩の道〟として栄えました。
山深く、入り組んだ谷戸の中にひっそりと古刹が佇み、
味わい深い風情の寺に多く出会えるエリアです。

9. 鎌倉駅 ゴール!

ゴールはスタート地点の鎌倉駅です。

すべて歩きの移動です。

歩くスピードや休憩時間によって大きく変わりますが、

所要時間約6時間ほどとしてコースをおすすめさせていただきます。

ハイキングコースの大平山山頂でおにぎり食べたり、

コーヒー飲むなんて至福のひと時が味わえますよ。

では、鎌倉観光楽しんでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル広告カマクラジオL
レクタングル広告カマクラジオL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告カマクラジオL